中高生の矯正治療

中・高生の矯正治療の時期について

中学生、高校生の成長期(発達期)はあごや骨、顔面の成長は続いていますので、永久歯に生え変わった直後はきれいな歯並びでもその後に変化する場合があります。

お子さんの歯に対して親御さんが「矯正の必要はないなあ〜」と思っていても、これから親知らずが生えてきて歯列が動いてしまうのかなどを事前に知って、抜歯の必要があるか?どのタイミングで処置した方がいいのか?など、早めに歯科医院にご相談いただくのが一番の安心だと思います。

また、逆に親御さんが「うちの子は矯正が必要で、早く良い歯科を探さなきゃ」と慌ててしまうというケースもあります。いろいろ調べているうちにどんどん不安になり、過保護になってしまうケースも少なくありません。その場合も早く歯科医院にご相談いただくのが一番です。インターネットの記事や知識が歯列を治してくれるわけではないのですから。

中高生の矯正治療は大人と同じく「ワイヤー矯正」になりますが、まだ顎や骨などの発育は止まっていない場合もありますので、成長を利用しながら大人の矯正治療よりも短期間に行えるケースが多くなります。

お子さまの矯正で迷っている方

「ウチの子は歯並びが悪いから矯正が必要なんじゃないか?」
「どうせなら小さいうちに矯正治療をした方が良いのでは?」

と迷っている方の中で、最近は過度に心配する親御さんがとても多い事です。

過度の思い込みや行動は、子供に対しての優しさでも愛でも何でもありません。

親御さんがなるべく慌てる事をせず、子供の歯並びで心配し過ぎたり、あまり考え込まない方がいいです。

それならば、すぐに一緒に歯医者さんに行ってあげて、歯科医師(専門家)の意見を聞いて真実を知る事です。

インターネットでいろんな情報を集めて親御さんが選んだとしても、それは親の視点であり、歯科医師(専門家)の意見では無いからです。間違った情報を拾って「ウチの子大丈夫かしら?」と心配度が増大する親御さんもかなりいらっしゃいます。
D.D.S.takamura
D.D.S.takamura

ネットであれこれ調べたりして過度に親が騒いでしまうと、子供はたとえ中高生であっても「お金がいっぱい掛かるなら、矯正して親に苦労を掛けたく無い」、「矯正するほど歯が悪いんだ」という精神的負担がお子さんに掛かってしまいます。お子様の歯並びを本当に治してあげたいと思う気持ちがあるのであればすぐに歯科医師に相談して「矯正の必要が有るか無いか?」「どの程度の矯正が必要か?」を歯科医師に聞いて早めに分かる方がお子さまの為であり、それが子供に対する本当の親心です。

お子様に、「本当に良い歯医者さん」というのを早い時期に教えるのも、将来のお子さんの歯を守ることでもありますからね。

↓ご相談、予約はこちら↓

矯正治療のご相談はコチラ

タイトルとURLをコピーしました